秋の動物たち

2019/11/18

 

今回は秋のイメージでリスとウサギのコンビで制作しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛らしいリスとウサギが見つめ合います。

文字盤には帽子を被ったおしゃれカラスを

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下部と側面にはブドウと蔦を造形し落ち着いたデザインに仕上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来月は一年ぶりにヨーロッパにアートウォッチの文化を伝えにいきます。


浮き上がりと彫りの双龍

2019/09/16

 

 

何の変哲もない時計かとおもいきや

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりに龍を制作

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腕には宝玉(カットダイヤ)を持ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じデザインですが片方は浮き出たタイプでもう片方は彫りで制作

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまには全立体の和龍ではない龍を作るのも刺激になります。

 

 

 


薔薇時計を首飾りタイプに

2019/06/12

 

 

 

以前から改作をしたかった薔薇時計

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花びらを生き物らしい自然な風合いに仕上げました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左右もイバラを存在感が出るように作り込み

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

煉瓦の枠ともメリハリがつくように仕上げました。

 

 

 


トカゲでもヤモリでもなく

2019/04/18

 

 

 

六角形の籠目を彫った枠に今回はカナヘビを這わせてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

顔が少しヘビよりなのと指の長さなどが違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

枠の籠目との相性もシックでいい仕上がりになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


渡り狐

2019/02/14

 

今回は久しぶりにお稲荷様を制作しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は文字盤の干支を持てきたかったので大で制作

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

側面は唐草とも水の波紋ともとれるようなデザイン

神社などの白狐は現実には存在しない狐のため透明を表現しているのだそうで

今回の作品もできるだけ近づけて作成しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

革も特注のピットヌメで仕上げました。

肌触りと経年変化を楽しんでいただけます。

 

 

 

 


2019、新年のご挨拶

2019/01/06

新年、明けましておめでとうございます。

昨年も数か所の出店ではございましたが様々な方との出会いがあり色々なモチーフのアートウォッチが誕生しました。

秋にはパリコレクション・プルミエールクラス2ndに出店し、一昨年同様海外の方々との交流ができました。

日本のお客様をはじめ、フランスの方々の助けがあり新年を迎えられたことに改めて感謝いたします。

 

今年も年間8~10回程度、国内外出店いたします。

新元号の年、さらに邁進していきますので変わらずのご愛顧よろしくお願いいたします。

「変」

代表:肥後 太一、


繊研新聞掲載

2018/12/13

10月プルミエ出店時に繊研新聞社の取材を受けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

繊維業界の方なら知らない人はいないというくらい有名な新聞社ということで

先日記事ができたとご連絡をいただき確認するも新聞自体の記事がとても興味深く見入ってしまいました。

繊維というジャンルに留まらず世界の様々な動き、情報を掲載していてとても刺激的でした。

ご担当の  様素晴らしい記事を掲載いただきありがとうございました。

 


おさんぽ

2018/12/02

パリ出店の後、お店回り後にささやかな観光をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市場も活気がありお店の出し方も自由でおもしろいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出店した隣は観光でも定番の場所です。

秋の鮮明な綿雲でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エッフェル塔の前に手を合わせてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供もげんきいっぱい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パリのあとはイタリアにてお店まわりの他、
フィレンツェでは去年お世話になった伝統工芸のアトリエとジュエリーカレッジの学長に会いに行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対照的な建物

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

物怖じしないカラス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨーロッパの秋緑は青基調に見えます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シニアの交流

緑のところではゲートボールとボーリングを合わせたような競技が行われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして念願の日本の職人に合うことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまり海外に行き慣れていないのでとても充実した旅となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

環境や人など多くの発見と、多くの出会いがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんとうにありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またいきます!

 

 

 


数字角

2018/11/24

 

曲線で制作している隠れ数字の枠に四角の時計本体を合わせ制作しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腕に着けたときの肌の透け感がとても奇麗に見えるようにデザインしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回はチェーンで繋いでブレスレットにしていましたが

今回はバングルタイプに仕上げました。

 

 


秋の遠征

2018/11/11

秋にパリのPremiere Classe second sessionに出店いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の覚束ない説明を通訳さんが一所懸命訳してくださり

来場者様も親身に聞いてくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさま本当にありがとうございました。

次回の遠征はラスベガスかニューヨークを予定しています。

 

 

 


カテゴリー
検索
お問い合わせ
こちらのページをご覧下さい。